洗顔法

アンチエイジングに欠かす事が出来ない栄養素

アンチエイジングに欠かせない栄養素を考えるときには、逆にアンチエイジングの反対、身体に大きなダメージを与える老化(エイジング)を進めてしまう・光老化・酸化・糖化を抑制する栄養素を考えたいと思います。
活性酸素による細胞の酸化抑える栄養素には
ポリフェノール:ワイン・緑茶・ココアなどが有ります。
ビタミンA: 鶏レバー・豚レバー・うなぎ・ニンジン・ホウレンソウ・春菊・小松菜・ブロッコリー・かぼちゃ・トマト・スイートコーンなどが有ります。
ビタミンC: パプリカ(赤・黄)・アセロラジュース・パセリ・芽キャベツ・レモン・ケール・ゴーヤ・キーウィフルーツ・イチゴなどが有ります。
ビタミンE: すじこ・いくら・かぼちゃ・アーモンド・ヘーゼルナッツ・サフラワー油・胚芽米・玄米等が有ります。
カルテノイド:ルテイン…緑黄色野菜、リコピン…トマト、ニンジンなどが有ります。

*光老化でお肌がダメージを受けると、しみ・そばかす・たるみとなって表れます。
この現象を助けてくれる栄養素には
ビタミンA(お肌や粘膜を整えます。)→鶏や豚レバー、ホウレンソウ、小松菜、かぼちゃなど。
ビタミンB群(8種類のビタミンが有り、糖・タンパク質・脂肪の代謝を助けます。又、ストレス予防に働きます。)→豚肉やレバーのほか、豆類等、卵、大豆、乳製品、小麦など。
ビタミンE(ホルモンバランスを整えます。)→ナッツ類、アボガド、植物油など。

糖化を抑えてくれる栄養素には
茶カテキン:緑茶・烏龍茶・プアール茶などが有ります。
緑色野菜:小松菜・ほうれん草・キャベツ・白菜等が有ります。
タンパク質:油脂の少ない肉類・大豆・小豆・大豆製品ヨーグルト・牛乳・チーズなどが有ります。
カルシューム:牛乳・乳製品、大豆・大豆製品、小魚、海草、小松菜
ビタミンB群:胚芽・豚肉・レバー・豆類等(ビタミンB1)レバー・卵・大豆・乳製品・葉野菜類等(ビタミン2)カツオ・マグロなどの魚類・レバー・肉等(ビタミンB6)魚貝類やレバー等(ビタミンB12)魚類・豆類・果実類等(ナイアシン)牛乳・卵(パテトン酸)緑黄色野菜・小麦・マッシュルーム・酵母・レバー等(葉酸)
・糖化最終生成物を体外に排泄してくれます。
海藻類(昆布、ノリ等)・きのこ類(しいたけ等)・ねばねば食品(納豆、山芋等)
・糖化最終生成物の生成を抑制してくれます。
カモミール・ドクダミ・セイヨウサンザシ等
・コラーゲンと糖が結合するのを防いでくれます。
αリポ酸(サプリメントで摂れます。)

アンチエイジングな生活を楽しむために、栄養素http://www.vcsdoptions.org/esutorogen.htmlには気を使いましょう。

このページの先頭へ